業務内容のご案内

個人税のご相談

個人税金申告
税申告は個人の義務。連邦(IRS)と州に申告が必要です。期日は翌年4月15日、延長申請は10月15日まで。会計士には、1〜3月までに連絡、相談がベスト。


グリーンカード保持者の義務
海外に居住していても、毎年の申請が必要となります。近年、益々移民局(INS)は、税申告状況に厳しい目を向けており、あらゆる立場の方の税申告状況を把握しようと、IRSへのレターの要請を当事者に求めています。当社では税申告の滞納を速やかに解決いたします。


SSNを所得できず困っている場合
近年、学生、または扶養家族として渡米した場合、ソーシャルセキュリティ・ナンバー(SSN)を所得できません。その場合、当方ではTax ID Number(Form W-7)の申請手続きをお手伝いいたします。Tax ID NumberはSSNと全く同等のものではありませんが、いろいろな状況においてSSNの役目を補うことが可能です。


過去の税金申請を修正申告しなければならない場合
過去の税申告において、何かの事情で一部の内容が正確に申告されていなかった場合、修正申請が必要となります。過去3年においては払い戻しもできますので、速やかな修正申告をお勧めします。支払いが発生する場合も、ペナルティを回避するために迅速な修正申告が望まれます。


税務調査が入った場合
思いがけず、IRSや州から連絡、手紙が来た場合、本人(納税者)の代理となり、IRSまたは州と電話や手紙にて連絡、交渉します。また、実際フィールドでの調査が入った場合、本人の代行として直接、調査官が必要とする書類提出の手助けをし、質問、交渉に応じます。電話、手紙のやり取りは、1度の場合もあれば、長い期間複数に及ぶ場合もありますので、会計士のサポートは欠かせません。


不服申し立て
税務調査を経た後のIRSの修正案を不服とした場合、申し立てを行うことができます。本人の代行として、さらなる協議に挑みます。


予定納税が必要な場合
源泉徴収を自動的に行っている給与所得以外の収入がある場合、その金額に応じ予定納税が必要となります。予定納税はIRSと州に、年に四半期ごとに支払うもので、もしそれを怠れば、ペナルティの対象となる事態も発生します。

タックスプランニングが必要な場合
たとえば下記のようなケースの発生がありうる場合は、事前のご相談をお勧めします。課税は状況や対策により、大きく異なってきます。既成事実ができてからでは遅すぎます。かならずその前に会計士と対策を。

  • アメリカで住みながら、日本や他の国から収入がある場合
  • 1年のある期間、海外で働く場合
  • 不動産売却
  • 自営独立、副業

Copyright © 2003-2006 by Harumi Tsujita, CPA